ギリアドギリアドの将来性や香港銘柄の株価について

証券会社で取引ができる銘柄は、国内のものだけではありません。証券会社の多くで、国内だけでなく、海外銘柄の取引を積極的に提供しています。
海外銘柄の中でも、注目すべきなのが、ギリアドギリアドと呼ばれる、アメリカの医療品メーカーです。HIVやC型肝炎といった、難しい疾患の治療を目的とする医薬品などを開発しているメーカーで、世界規模の知名度を誇ります。ギリアドギリアドは日本法人が存在し、積極的に事業を行っています。
一時期、ライバルメーカーが安い新薬を開発したことから、市場規模の縮小を懸念して、株価が下がることがありました。しかし、株価が上下することは、日常茶飯事ですので、慌てることのないよう、注意しましょう。ギリアドギリアドが開発する医療品は、今後も安定した需要が望めるものです。この点を踏まえて、海外銘柄の取引をすれば、儲けが得られるようになります。
香港の銘柄も、多くの証券会社を通じて、取引することができます。少し前までは中国のバブルに影響され、香港内の多くの銘柄の株価が上昇傾向にありましたが、中国バブルの崩壊が懸念されるようになった今となっては、徐々に株価が下落する状態に陥っています。
香港の銘柄を保有している人は、売却や損切りをするなどして早めに切り上げるか、今後の上昇を予想して、銘柄を新たに購入するかを見極める力が必要になってくるでしょう。香港市場全体の株価指数を確認するには、ハンセン指数というものを確認するようにします。インターネット上にあるサイトには、ハンセン指数をリアルタイムに情報を流しているところがありますので、そのような情報サイトを活用して、取引のタイミングをはかってもよいでしょう。

ページトップへ